車査定足

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 皮脂がお肌をトラブル状態に導く

皮脂がお肌をトラブル状態に導く

ニキビとは皮脂により毛穴が詰まってしまって、その中で炎症を起こしている状態のことです。

 

乾燥肌の人の場合は皮脂が少ないことから毛穴を詰まらせることがないように思われますが、実はそうではありません。

 

皮脂の分泌量が、あまりにも少ないと肌は湿度が低下しないように皮脂を大量に分泌します。

 

その結果として、毛穴に目詰まりが発生してしまってニキビがになるということです。

 

ニキビが悪化すると、芯を持ったような感じで固くなり、触れると痛いといった症状が表れます。

 

ニキビが出来た場合、なんとなくその箇所を確かめたくて触りたくなることがありますが、触ってしまうとさらに雑菌が入って長引いてしまうかもしれないので、ケアとしてニキビ対策用のクリームを塗るなどして、清潔に保つようにしてください。

 

皮脂が過剰気味な肌の場合、水分が足りているような肌に見えますが、実は潤いが足りていない状態、というケースが多いです。

 

肌の表面にカサツキが見られないのは、オイリー肌の皮脂は次から次へと分泌が実施されていますので、表面上の乾燥には強い傾向にあるためです。

 

でも、この皮脂がお肌をトラブル状態に導く元になりますから、顔を洗って、丁度よい状態まで洗い流すことが必要です。

おしりぶつぶつの薬・クリームを紹介!